La Boutique di Adani

沿革

La Boutique di Adani - Home

La Boutique di Adani (ラ・ブティック・ディ・アダーニ) は、アダーニ家が代々経営する100年来の商社で、旧名をブティック・デッロ・スポーツといい、70-80年代にモデナとボローニャのサッカーチームで活躍した有名なサッカー選手、アモスの妻アンジェラによって現在の名前に改名されました。 アンジェラはブティックの名を改名するだけではなく、エミリア通り中央のマッツィーニ広場の歴史のある館、"Finzi Levi"館を購入し、スポーツショップから最前線のファッションを呈する近代的で洗練されたレディースアパレルブティックに変身させました。

80年代にサッカー選手を引退したアモスはアンジェラの事業に“合流”し、"Ghirlandina"(モデナ大聖堂の鐘楼塔)の真ん前という一等地にメンズアパレルブティックを開店しました。 2009年は世界的不況にもかかわらず、代々に渡って受け継がれたアダーニ家の健全な常軌を逸した買収の情熱に駆られ、まだ入手されていなかったエミリア通りの歴史的な館、"Finzi Levi"館の角地を入手しました。 修復と拡張によりブティック ディ アダーニの3階に渡る店舗面積は既存の700平米から裁縫アトリエ加えて、16面のショーウィンドーで飾られた1000平米に広がりニーズの多い洗練されたお客様たちに今人気のブランドを提供しております 同建物の3階と4階は倉庫や営業及び経理といった事務所に使われており、その面積は500平米です。

アモスとアンジェラは、また、27年に渡ってEmporio Armaniを経営した経験を活かし、2008年9月より有名な"La Boutique di Adani"の前のエレガントなリバティー風の建物にある店舗面積が210平米の国際的なブランドのメンズーレディースのバック、靴やアクセサリーを扱う新しい専門ブティック"Tip Tap di Adani"をオープンしました。

Amos & Angela Adani